磁性めっき線を用いたリッツ線

 

1 研究目的

リッツ線は表皮効果に起因する抵抗の増加を抑制する効果があることから,IH調理器用のコイルやトランスなどに用いられている。リッツ線の交流抵抗を低減させるためには,表皮効果に起因する抵抗だけではなく,特に近接効果に起因する抵抗を抑制させる必要がある。しかし,銅線(COW)を用いたリッツ線(LCW)は,高周波領域における近接効果に起因する交流抵抗の増加を抑制できない。そこで,リッツ線の素線に磁性めっき線(MPW)を用いることを提案してテキスト ボックス:   
       (a) COW           (b) MPW
図2 COWとMPWの構造 (unit: mm)
いる。

 

テキスト ボックス:  
図1 リッツ線の概観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 MPWの構造と特徴

1)     テキスト ボックス:  
図3 抵抗の実測値と計算値との比較
MPWは,COWの外周に磁性薄膜をめっきした構造

2)     交流抵抗増加の抑制

 

3 リッツ線の交流抵抗の理論式

1)     素線1本ごとを考慮できる

2)     抵抗を各成分ごとに計算できる

3)     周波数100 kHzから1 MHzの範囲において,抵抗の実測値と計算値との誤差は,LCWLMWともに±10 %以内

 

4 磁性めっき線の有用性

1) 周波数1 MHzにおけるLCWLMWの抵抗はそれぞれ23 mW15 mWであり, 34 %低減

 

5 主な研究論文

1) 水野 勉,松下 和誉,飯田 和剛,神谷 旭,山本 大輔:磁性めっき線を用いたリッツ線の交流抵抗,第17 MAGDAコンファレンス 講演論文集,pp. 469-474, 2008.