ハイブリッドパルストランス

研究目的

 スイッチングレギュレータに使用されているパルストランス(PT)は高周波スイッチングによって小形化を図っている。しかしながら,従来のPTは高周波スイッチングに伴う損失の増加が問題となる。本研究では永久磁石を用いてトランスの鉄心に磁気バイアスを印加することによって高出力化を目的としたハイブリッドパルストランス(HPT)について検討を行っている。

基本仕様

図1 HPTの外観
 外形寸法18.7×22 × 5.75[mm]
 永久磁石 3 × 5.7×2
 4 × 5.7×2
 5 × 5.7×2
[mm]
[mm]
[mm]
 コイルの巻数 一次:33
二次:16
[回]

主な研究論文
(1) 水野 勉,松本雅志,高田 幸宣,鈴木 貴之:ハイブリッドパルストランスの出力特性,電気学会 静止器・回転機合同研究会資料,SA-05-87,RM-05-94,pp. 27-32, 2005.


 

研究内容の紹介へ戻る