排気ガス再循環弁用リニアモータバルブ(LMV)

研究目的

 排気ガス再循環弁 (Exhaust Gus Recycling Valve,以下EGRVと略記) の弁の開閉にはリニア電磁ソレノイド (LES) が使用されている。 しかし,推力が一方向にしか発生しないためにばねを使用しなければならない。そこでEGRV用のリニアモータバルブ(LMV)の設計を行う。 LMVには磁石可動形LDMを使用して,往復運動可能でLESよりも小形かつ大きな推力が得られるLMVの設計を行う。






図1 LMVの構造

図2  LESのカットモデル
基本仕様
外形寸法53×50[mm]
ストローク± 3.5[mm]
可動子質量76.4[g]
定格推力31[N]


主な研究論文
1) 水野 勉,小杉 昌史,河合 正範,山田 一:磁石可動形リニアアクチュエータの可動子半径が電気的・機械的時定数に与える影響,LD-05-24,pp.13-18,2005.

2) 水野 勉,河合 正範,土屋 文昭,小杉 昌史,山田一:円筒状磁石可動形リニアアクチュエータの静特性の検討,電気学会リニアドライブ研究会資料,LD-04-82,pp.14-22,(2004)

研究内容の紹介へ戻る