" 研究内容の紹介 -信州大学 水野・卜研究室-

非接触給電グループ [2014年度]

   ↓体内ロボットの受電コイルと受電回路 ↓非接触給電システムの構成
      ↑体内ロボットの送電コイル    ↑非接触給電実験の様子


  • 非接触給電グループの紹介

     非接触給電は機械的な接点をもたずに非接触で電力を送電する技術であり,家電,電気自動車や自動搬送車等の移動体への実用化が期待されています。非接触給電の高効率化に向けた検討および体内ロボットへの非接触給電の適用を目指して研究を行っています。

  • 非接触給電グループ 研究内容

    (1) 非接触給電の高効率化技術の検討 [スーパークラスタプログラム]

        非接触給電は,送受電コイル間の電磁誘導現象を利用して,機械的な接点をもたずに電力を伝送する技術です。非接触給電は離れた個所への給電を行うことができるために,非常に高い安全性および利便性があります。一方で,送受電コイル間の伝送距離の増加および送受コイルの位置ずれが生ずることにより,伝送効率が著しく低下する問題があります。非接触給電において,高効率で伝送するためにはコイルのQ値の向上が必要です。
      Q値向上のために銅線(以下,COW)の周囲に磁性薄膜をめっきした磁性めっき線(以下,MPW)を提案しています。MPWは導線に生ずる近接効果に起因する抵抗低減に有用です。
      近接効果とは,隣接する銅線から生じた磁束が銅線内部に作用することで渦電流が生ずることであり,その渦電流により損失が生じてしまいます。MPWでは,磁束が磁性めっき層に作用することで,磁束が銅線に作用せずに損失が抑制できます。
      図1 非接触給電の構成例
      図2 銅線に生ずる近接効果
      投稿論文:
      [1] Y. Bu, M. Nishiyama, T. Ueda, Y. Tashima, T. Mizuno : Examination of Wireless
        Power Transfer Combined With the Utilization of Distance Detection, IEEE
        Transactions on Magnetics, Vol. 50, No 11, Article 4005304, 2014.
      [2] Y. Bu, M. Nishiyama, T. Ueda, Y. Tashima, T. Mizuno : Examination of Wireless
        Power Transfer Combined with the Function of Distance Detection, INTERMAG
        Europe 2014, EU-08, pp. 1996-1998, 2014.

      ページトップへもどる

    (2) 体内ロボット用非接触給電の検討 [A-Step]

        近年,内服が可能であるサイズのカプセル内視鏡が開発・実用化されています。このカプセル内視鏡により,内服するだけで胃から小腸までの診察ができるようになりました。。しかし小形のカプセル内に収納可能なバッテリーの体積には限界があるために,バッテリーの大容量化が困難であり,さらなるカプセルの小形化や多機能化,長時間駆動は困難です。そこで、カプセル内視鏡に自走機能や医療行為機能をもつ体内ロボットとして発展させることが期待されています。これらの機能をすべて動作させるためには内部のバッテリーで電力を賄うことは難しく,非接触給電による電源供給が必要となっています。体内ロボットに対する非接触給電では、コイルから生ずる電界や磁界が人体に直接作用するために、人体に作用する電磁界強度を国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が定めるガイドラインを満たす必要があると考えています。
       本研究では、受電コイルを三軸に巻くことにより、カプセルの向きによらず受電できる受電コイルを作製してICNIRPのガイドラインを満たしながら体内ロボットに電力を供給するための、非接触給電の構成を検討しています。
      図1 体内ロボット用非接触給電の構成
      図2 受電コイルの構成
      投稿論文:
      [1]「オープンスペース形体内ロボット用非接触給電」後藤徳仁,水間淳一郎,卜穎剛,水野勉
        電気学会マグネティックス研究会(2013,MAG-13-136)
      [2]「体内ロボット用非接触給電における周波数と駆動領域の検討」水間淳一郎,後藤徳仁,
        卜穎剛,水野勉 ,第26回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム (2014, 22Ca1)
      [3]「体内ロボット用Wirelessエネルギー伝送」水野勉,卜穎剛,水間淳一郎
        日本磁気学会 第199回研究会 (2014)
      [4] 「体内ロボット用非接触給電における受電回路の検討」水間淳一郎,柳澤一樹,卜穎剛,水野勉
        電気学会マグネティックス研究会(2015,MAG-15-016)
      [5] 「体内ロボット用非接触給電における周波数と駆動領域の検討」水間淳一郎,
        後藤徳仁,卜穎剛,水野勉 ,日本AEM学会 (2015年春掲載予定)

      ページトップへもどる


お問い合わせ

E-mail
mizunot@shin
shu-u.ac.jp
Tel
026-269-5200
Fax
026-223-5215